幼児教室は講師が重要

幼児教室は講師が重要 子どもを幼児教室に通わせようと思ったとき、多くの教室があるのでどこにするか選ぶのに困ることは少なくありません。
選び方としては、幼児教室に何を期待しているかを先ず考えてみることです。教室によっては文字の読み書きや数字などお勉強に力を入れているところや、体操などの運動、英語などの語学、またお絵かきやダンスなど情操教育を大切にしているところなどさまざまです。おおまかな方向が定まったなら、いくつかの幼児教室を見学してその様子を実際に見てみることが必要です。教室の子どもたちが生き生きとしているか、講師がうまく子どもたちを指導しているかをしっかり見ておきましょう。特に講師にについては、その人の持つ専門性の高さだけでなく、子どもを飽きさせたり、頭ごなしに叱りつけたりしない子どもの扱いが上手な人であることが大切です。幼児は遊びながらさまざまなことを身につけます。叱られたり、押し付けられたりでは大きく伸びることはできないのです。ですからうまく子どもの力を引き出してくれる先生であることが大切なのです。

お礼がきちんと言える子に

お礼がきちんと言える子に 近年ますますよく耳にするようになったのが「幼児教室」と「早期教育」です。子どもの持っている能力は無限ですしたくさんの可能性や賜物を秘めていますので、できるだけ小さいうちから良い教育や良いものに触れることはとても大切なことです。
幼児教室で学べる内容は教室によって異なりますが、体操をして体力や持久力が培えるところもあれば、数学計算をたくさん行ったり音読をたくさんして勉強に力を入れているところもあります。さらには、礼儀作法等に力を入れている教室もありますが、例えば、教室に入ってきたときには「おはようございます」というあいさつや、お友達から何か親切にしてもらったときには「ありがとう」ときちんとお礼を言う大切さを教える教室もあります。どんなに勉強ができて、体操も得意であっても、お礼がしっかり言えないなら台無しです。幼児教室に通うことに加えて、家でもお父さんやお母さんが「ありがとう」という言葉を言い合うことも重要です。

新着情報

◎2021/5/27

幼児教室は講師が重要
の情報を更新しました。

◎2021/3/26

幼児教室で行う療育とは
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児 教室」
に関連するツイート
Twitter

核家族化が進み、祖父母・親戚と遠く離れている家庭が多いだろう。こぐま家もそうだ。夫婦ともに摂津国の出身なので、チビくまは祖父母ともたまにしか会えない。そういった教養を我らだけで教えれるのか?と考えた時に、飽き始めた幼児教室の代替としてお教室の門を叩いたんくま。6/n

⭐️人を大事にし続けたら🥰 💡 講師契約をしている幼児教室が休みの日に使われてないスペースを教室として貸してほしい と交渉したらなんと無料でいいと✨ 日頃からサポートしてくれる先生方に感謝の気持ちを伝えたり、ビラ配りを手伝ったり もちろんお支払いはするつりだけど気持ちが嬉しい😊

短期教室!!8月16日(月) 定員あります! お早めにご予約お願いいたします🙇‍♀️ 幼児ダンス&体操 1時間1800円→1500円 バク転教室 1時間2200円→1800円 プラス300円でママはお子さん預けてトランポリン飛び放題 さらにお友達、ご兄弟様とご一緒に参加で300円引き

この時期に一歳4人なら歩けるかどうかの子もいるだろうから 5歳は勝手に降りて教室まで行ってるもんという認識だったのか ウチのマンションにも隣のモールに幼児や低学年の上の子だけ先に走って行ってしまい、キッズスペースで遊んでるから、お母さんは後から下の子の赤ちゃん連れて歩いてる家あったし

これから学校の水泳教室行くんだ…(暑さによる幼児退行)